日々の暮らしを、食べることを
もっと楽しみたくなるおいしい情報を
お届けします。

ひな祭りの食べ物の由来|菱餅やひなあられに込められた意味とは?

3月3日はひな祭りの日です。春の行事として広く親しまれているので、ひな人形を飾ってお祝いをした経験がある方も多いでしょう。
ひな祭りをお祝いする食べ物には、菱餅やひなあられ、ちらし寿司などが知られています。いつから食べるようになり、どのような意味が込められているのか、ご存じでしょうか。
今回は、ひな祭りならではのお菓子と料理にスポットを当てて、その由来やおすすめレシピと合わせてご紹介します。
3月3日はひな祭りの日です。春の行事として広く親しまれているので、ひな人形を飾ってお祝いをした経験がある方も多いでしょう。
ひな祭りをお祝いする食べ物には、菱餅やひなあられ、ちらし寿司などが知られています。いつから食べるようになり、どのような意味が込められているのか、ご存じでしょうか。
今回は、ひな祭りならではのお菓子と料理にスポットを当てて、その由来やおすすめレシピと合わせてご紹介します。

1.ひな祭りはいつから?

ひな祭りはいつ、どのように始まったのでしょうか。ひな祭りの起源や歴史をひも解いてみましょう。

 

●始まりの行事は「上巳(じょうし)の節句」

「ひな祭り」はもともと、「五節句(五節供)」の一つである「上巳の節句」というのが正式名称でした。五節句は中国から伝わった行事で、季節の節目に無病息災と五穀豊穣などを祈って神様へお供えをしたり、邪気払いをしたりするものです。

 

日本には奈良時代に伝わり宮中行事となっていましたが、江戸時代に節日(お祝いする日、節会のある日)として定められたことで徐々に一般社会にも広まりました。

 

上巳とは、初めは旧暦で3月の最初の巳(み)の日を指していました。それがいつしか3月3日(新暦でいうと4月)に固定されるようになりました。

明治時代に入って旧暦から新暦に改暦された際に、新暦の3月3日に行われるようになったとされています。

東北地方などの一部地域では、旧暦の3月3日か新暦の4月3日にひな祭りのお祝いをするところがあります。

 

かつての上巳の節句では、「自分の身代わりになって厄を引き受けてもらえるように」と人形(ひとがた)を川に流して厄払いを行ったといわれています。

 

●ひな人形の由来

ひな人形の「ひな」は、小さくてかわいらしいものという意味の「ひいな」に由来するとされています。

平安時代に幼い子供たちが「ひいな」と呼ばれる紙の人形でままごと遊びをしていたのが、ひな人形のもとになったといわれ、現代のようなひな人形を飾るスタイルになったのは江戸時代のころです。武家社会では、ひな人形は嫁入り道具の一つとして次第に豪華になっていきました。江戸時代中期ごろには女の子の初節句(生まれて初めての節句)を祝う風習が生まれ、健やかな成長を願う行事としてひな祭りが広まったとされています。

 

●「桃の節句」といわれる理由

上巳の節句が行われていた旧暦の3月3日は新暦では4月ごろにあたり、ちょうど桃の花が咲く時期です。中国では、桃には邪気払いの力があるとされ、上巳の節句には桃の木を飾ったり、桃の花を浮かべたお酒を飲んだりして長寿や無病息災を願っていました。

 

ピンク色でかわいらしいイメージがある桃の花には、春の訪れを知らせるとともに魔除けの意味もあり、ひな祭りに華を添える大切な役割を担っています。

 

 

2.ひな祭りの食べ物に込められた意味

ひな祭りのお祝い料理として代表的なものには、菱餅やひなあられ、はまぐりのお吸い物、白酒、ちらし寿司などがあります。

それぞれの由来や、どのような縁起を担いでいるのかなどについてご紹介します。

 

●菱餅を食べる理由

菱餅は、菱形で緑色・白色・桃色(ピンク)の3つの餅を積み重ねた、ひな祭りならではの和菓子です。食べることで身を清めて厄をはらい、「一年間健やかに過ごせるように」という願いが込められているとされています。

 

中国から上巳の節句が伝来したとき、現在の菱餅とは異なり、母子草(ははこぐさ)という草を使った緑一色の丸い団子を食べる習慣がありました。それが日本に伝来した後、蓬餅(よもぎもち)に変わり、魔除けや厄除けを願って食べられたといいます。

 

江戸時代になると菱の実の白い餅が加わって2色の菱形の餅になり、明治時代にはクチナシを用いた桃色の餅も追加され、3色に重ねた今の菱餅の形が出来上がりました。

 

3色の餅を重ねる順番にも、意味があります。下から緑色・白色・桃色の順に重なっているのは、「陽の光に雪が溶けて大地には緑が芽吹き、桃の花が咲き誇る」という春の情景をイメージしているといわれています。

 

●ひなあられを食べる理由

ひなあられが誕生したのは、江戸時代の頃とされています。

当時、女の子がひな祭りで飾っていたひな人形を連れて外へ出かける「ひなの国見せ」が流行しました。春の景色をひな人形にも見せるためのもので、その際におやつとして持っていったのが、ひなあられの始まりです。

 

また、ひな祭りのために用意された菱餅を砕いて炒って作ったとする説もあります。

 

ひなあられは関西と関東で形状や作り方、味付けが異なります。

関西のひなあられは、「菱餅を砕いて作られた」という由来がしっくりくる、餅から作るあられです。醤油や塩で味付けされています。

 

一方、関東のひなあられは米から作られるポン菓子に砂糖がけしたものが一般的です。

ひなあられの色は菱餅と同じ3色のほか、黄色をプラスした4色のタイプもあり、春(桃色)・夏(緑色)・秋(黄色)・冬(白色)を表しているともいわれます。

 

●はまぐりのお吸い物を食べる理由

2枚の貝が1組となってぴったり合うことから、「良縁に恵まれ、一生一人の人と添い遂げられるように」という願いを込めて、ひな祭りの日にはまぐりが食べられるようになったといわれています。

 

平安時代には、つがいのはまぐりの貝の内側にそれぞれ同じ絵を描き、貝を伏せて絵合せをする「貝合わせ」と呼ばれる遊びがありました。貝の模様は一組一組微妙に違う上、つがいでないと合わないので、絵合せ遊びをするのにぴったりだったのです。

 

●白酒を飲む理由

もともと中国では、ひな祭りのときに桃の花を浮かべた「桃花酒(とうかしゅ)」を飲む習慣がありました。桃には魔除けや長寿をもたらす力があるといわれ、桃花酒は薬酒の一つとして日本に伝えられました。

 

しかし、江戸時代に入ってから白酒が登場して評判となり、桃花酒よりも白酒が好まれるようになって定着したといいます。

 

白酒は、みりんや焼酎に蒸したもち米、米こうじを加えて仕込み、1カ月ほど熟成させたのちに軽くすりつぶして造られるお酒です。その名のとおり白濁していて粘りがあり、アルコール度数は10%前後で強い甘みがあります。

 

甘酒と同じようなものをイメージされる方がいるかもしれませんが、アルコール分がほとんどない甘酒と、リキュール類に分類される白酒とはまったく別物です。

 

●ちらし寿司を食べる理由

ちらし寿司には、ひな祭りに食べられるようになった特別な由来は伝わっていません。

「寿司がめでたい席の料理だから」という理由のほか、「豪華な具材や華やかな彩りが女の子のお祝いにふさわしいから」といった説があり、いずれも確かではありません。

 

ただ、ちらし寿司に用いる具材には、それぞれ意味が込められています。

例えば「長寿」を表す海老をはじめ、「まめに働けるように」という意味の豆や、「将来の見通しがきく」れんこんなどが使われます。

 

にんじんや絹さやなどの野菜を添えると、春らしい色合いで華やかさも演出できるでしょう。

 

3.ひな祭りに食べたい!お料理レシピ

ひな祭りの日に手作りしたい、お祝い料理のレシピを2つご紹介します。春らしい食材を使った華やかな料理に、ぜひチャレンジしてみてください。

 

【鯛とサーモンの白だし〆ちらし】

 

カロリー:498kcal/1人前

所要時間:25分

 

<材料(4人前)>

 

・鯛(刺し身用) 150グラム

・サーモン(刺し身用) 150グラム

・割烹白だし 大さじ3

・ご飯(炊いたもの) 2合分

・しょうがの甘酢漬け 80グラム

・大葉 6枚

・きゅうり 1/2本

・ラディッシュ 2個

・A:卵 2個

・A:割烹白だし 大さじ1/2

・サラダ油 少々

 

<作り方>

 

1. 鯛とサーモンを5センチ角の大きさに切り、白だし大さじ3を振りかけて15分ほど置く。

 

2. しょうがの甘酢漬けと大葉は粗みじん切りにする。きゅうりとラディッシュはそれぞれ輪切りにする。

 

3. Aをよく混ぜ合わせて、サラダ油を熱したフライパンに入れ、中火で炒る。

 

4. ご飯に「2」のしょうがの甘酢漬けと大葉を混ぜて、器に入れる。その上に「3」の炒り卵、「1」の鯛とサーモン(たれごと)、「2」のきゅうりとラディッシュを順に載せる。

 

【はまぐりのお吸い物】

 

カロリー:43kcal/1人前

所要時間:15分

 

<材料(2人前)>

 

・はまぐり 4個

・大根 5センチ

・ニンジン 5センチ

・A:水 360ミリリットル

・A:割烹白だし カップ2・2/3

・みつば 適量

・針しょうが 適量

 

<作り方>

 

1. はまぐりの殻と殻をこすり合わせて洗う。大根とニンジンは5ミリ幅の輪切りにした後、花型で抜く。

 

2. 鍋にAを入れて火にかける。煮立ったら「1」のはまぐりと大根、ニンジンを加える。はまぐりの口が開いてきたら、火を止める。

 

3. 器に「2」を盛り、刻んだみつばと針しょうがを飾って完成。

 

 

4.ひな祭りのお祝い料理で春の訪れを祝いましょう

 

古来より女の子の健やかな成長と幸せを願って行われてきたひな祭りの習わしは、食べる料理にもさまざまな願いが込められています。

旬の食材を使い、おいしくて華やかなひな祭りのお祝い料理が食卓に並べば、家族もきっと笑顔になるはずです。

桃の花が持つ厄除けのパワーにあやかって、きっとすてきな一年を過ごせることでしょう。

ページトップ