日々の暮らしを、食べることを
もっと楽しみたくなるおいしい情報を
お届けします。

おせち料理の種類と、それぞれに込められた意味とは?【レシピ付き】

華やかで種類が豊富なおせち料理は、食材の名前や色にも縁起を担ぎ、料理一品一品に願いが込められています。

日本では新年を祝う正月料理として定着していて、家庭で手作りする方がいれば、デパートなどで購入して用意する方もいます。しかし、それぞれの料理が持つ意味や、料理に込められた願いを詳しく知っている方はそう多くないかもしれません。

今回は、おせち料理の種類と意味、家庭で作る場合のレシピなどをご紹介します。
華やかで種類が豊富なおせち料理は、食材の名前や色にも縁起を担ぎ、料理一品一品に願いが込められています。

日本では新年を祝う正月料理として定着していて、家庭で手作りする方がいれば、デパートなどで購入して用意する方もいます。しかし、それぞれの料理が持つ意味や、料理に込められた願いを詳しく知っている方はそう多くないかもしれません。

今回は、おせち料理の種類と意味、家庭で作る場合のレシピなどをご紹介します。

1.おせちの由来は宮中で食べられていた「御節供」

お正月におせち料理を食べる習慣は、いつごろから始まったのでしょうか。

まずは、おせち料理の由来やいわれ、歴史を見ていきましょう。

 

●中国伝来の「御節供(おせちく)」

おせちは漢字で「御節」と書き、節句やそのときに食べるものを意味する「御節供」という言葉が元となっています。

もともと中国から伝わった「五節句」という行事の際に食べられていたお祝いの料理が、おせち料理の始まりとされています。

 

日本では奈良時代から平安時代にかけて、「節会(せちえ)」が宮中行事として定着しました。

平安時代には「五節会」という大切な5つの節会が決められ、この五節会でふるまわれた料理を「御節供」と呼び、のちのおせち料理の語源になったといわれています。

 

●庶民に広まったのは江戸時代

江戸時代に入ると、徳川幕府によって「五節供(五節句)」が節日(せつにち)として定められました。

この五節供は季節の節目である、「人日(じんじつ、1月7日)」「上巳(じょうし、3月3日)」「端午(たんご、5月5日)」「七夕(たなばた、7月7日)」「重陽(ちょうよう、9月9日)」で、現在の節句につながります。

 

その後、五節供は庶民にも広がり、やがて新年を迎える最も重要な「お正月」にいただく料理として、おせちが定着したとされています。

現在のように「おせち料理」と呼ばれるようになったのは、第二次世界大戦終戦以降のことです。

 

 

ちなみに、食材を重箱に詰めるのは「幸福が重なるように」という願いが込められています。

 

 

2.おせち料理の種類と意味

新年に家族みんなで食べるおせち料理には、その年の幸福を願って、それぞれの料理に大切な意味が込められています。

 

●祝い肴(いわいざかな)、口取り

おせち料理を代表する、お正月らしいめでたい料理が祝い肴と口取りです。

祝い肴はおせちに欠かせない基本料理で、祝い肴をそろえることができれば、おせち料理として最低限の体裁が整います。

 

地域によって料理の顔ぶれに違いがあり、関東では数の子・黒豆・田作りが祝い肴として親しまれています。一方、関西では数の子・田作り・たたきごぼうの3品が祝い肴となります。

3種類の料理をそろえることから、「三つ肴」とも呼ばれています。

 

口取りは、栗きんとんや伊達巻き、紅白かまぼこのように甘みがあるものを一般的に指します。

かつて饗膳(きょうぜん)の最初に、お吸い物と一緒に出されていた酒のつまみを「口取り肴」と称していたことに由来するといわれています。

 

祝い肴および口取りとなる料理の意味は、以下の通りです。

 

 

・田作り

五穀豊穣(ごこくほうじょう)・豊年満作の願いが込められた料理で、「ごまめ」と呼ばれることもあります。

畑の肥料としてイワシを使うと作物が豊かに実ったことから、豊作を願う縁起物として「田作り」と呼ばれるようになりました。

 

 

・数の子

数の子はニシンの卵で、粒が多いことから子孫繁栄の意味を持ちます。また、「二親」と「ニシン」をかけ、二親健在(両親がともに健在であること)に通じる縁起物とされています。

 

 

・黒豆

黒は邪気を払って不老長寿をもたらす色とされています。また、まめ(忠実)に働き、まめ(健康)で暮らせるようにという思いも込められています。

 

関西では、ふっくらと柔らかくしわが寄らないように煮るのが一般的ですが、関東では「しわができるまで健康で過ごせるように」との願いを込めて、あえてしわができるように煮込みます。

 

関西風は煮る際に豆が煮汁から出ないように注意しながら煮ますが、関東風は煮汁が出るのを気にせず煮るのが、主に異なるポイントです。

 

 

・たたきごぼう

ごぼうは長くまっすぐ根付くことから、「家の土台がしっかりする」という意味があります。また、たたきごぼうは柔らかくゆでたごぼうをたたいて開くことから、「運が開けるように」との願いも込められています。

 

牛肉や穴子でごぼうを巻いた八幡(やわた)巻きも、おせち料理の定番です。

 

 

・栗きんとん

「きんとん」は漢字で「金団」と書き、黄金を連想させる色から、「金運に恵まれて豊かな一年になるように」という願いが込められています。

 

 

・伊達巻き

「伊達」は、おしゃれなものや華やかな様子を表す言葉です。昔の重要文書は巻物になっていたことから学問の象徴とされるほか、文化発展を願う気持ちが込められているといわれます。

 

・紅白かまぼこ

半円形であるかまぼこは「日の出」に似ているため、初日の出を意味する縁起の良い食べ物です。

赤はめでたさを表し、白は清らかさを意味します。

 

 

・昆布巻き

「養老昆布(よろこぶ)」という言葉にかけて、長寿の縁起物とされています。

また、「子生婦(こんぶ)」という字をあてて、子孫繁栄の意味が込められているともいわれます。

 

●焼き物、酢の物

おせちをお重に詰める場合に、二の重に詰めるのが焼き物と酢の物です。

 

・海老

腰の曲がった老人を思わせる海老には、「長生きできるように」との願いが込められています。

また、海老が脱皮をすることから「出世」を意味する縁起物ともされています。

 

 

・紅白なます

かつては生魚、大根、にんじん、お酢を材料としていたことから「なます」と呼ばれるようになりました。

紅白の色合いがお祝いの水引に似ていることから、めでたい席の定番料理とされています。

 

・酢ばす

酢ばすで使うれんこんにはたくさんの穴が空いていることから、「将来の見通しがよくなるように」との願いが込められています。また、れんこんはたくさんの種子をつけることから、子孫繁栄を象徴する食材でもあります。

 

●煮物

煮物は根菜類を中心にたくさんの具材を一つの鍋で煮ることから、「家族が仲良く結ばれますように」との願いが込められています。

 

よく用いられる具材は、にんじん・れんこん・里芋・しいたけなどで、これらの具材一つ一つにも意味があります。

 

例えば、にんじんやれんこんなど最後に「ん」がつく食材は、「運」がつく縁起の良い食材とされています。

里芋は親芋からたくさんの子芋が採れることから子孫繁栄を表し、しいたけは六角形に切って亀の甲羅に見立て、長寿の縁起物として使われます。

 

また、根菜類は土の中でどっしりと根を伸ばすことにちなみ、末永い幸せを願うともいわれています。

 

 

3.おせち料理のレシピ

おせちには、家庭でも簡単に作れる料理がいくつかあります。

今回は、中でもおすすめの「たたきごぼう」「昆布巻き」「お煮しめ(煮物)」のレシピをご紹介します。

 

【たたきごぼうめんつゆ風】

 

カロリー:91kcal/1人前

所要時間:15分

 

<材料(4人前)>

 

・ごぼう 200グラム

・すりごま(白) 大さじ2

・鰹節 3グラム

・A:水 カップ1/4

・A:酢 大さじ3

・A:めんつゆ 大さじ1

・A:砂糖 大さじ1

・A:塩 少々

 

<作り方>

 

1. ごぼうはしっかりと洗い、5センチの長さに切りそろえ、酢水(分量外)にさらしてアクを抜く。

 

2. 小鍋にAを入れて火にかける。砂糖が溶けたら鍋を火からおろし、甘酢を作る。

 

3. 「1」のごぼうを熱湯で茹で、火が通ったら熱いうちにすりこぎで軽くたたき、「2」の甘酢とあえる。

 

4. すりごまと鰹節をまぶして完成。

 

 

【昆布巻き】

 

カロリー:223kcal/1人前

所要時間:60分

 

<材料(4人前)>

 

・甘塩ざけ 2切れ

・煮昆布(20センチくらいの長さのもの) 4枚

・かんぴょう 10グラム

・めんつゆ カップ1/3

・A:水 カップ2

・A:酒 大さじ3

 

<作り方>

 

1. 昆布は固くしぼったぬれ布巾で表面についた汚れを落とし、たっぷりの水につけて戻す。

 

2. 甘塩ざけは塩少々(分量外)を加えた水につけて塩分を抜き、水気をしっかり拭き取る。

 

3. かんぴょうは水洗いして塩少々(分量外)でもみ、再度水洗いして塩を落とし、水気を絞る。

 

4. 「1」の昆布を広げて「2」の甘塩ざけを載せる。手前から巻いていき、巻き終わったら「3」のかんぴょうで2カ所結ぶ。

 

5. 鍋に「4」の昆布巻きを並べる。Aを加えて落としぶたをしたら、中火で煮る。煮立ったらアクを取って弱火にする。

 

6. 昆布巻きが煮えたら、めんつゆを加えて照りを出す。昆布巻きが冷めたら、食べやすいサイズに切る。

 

 

【お煮しめ】

 

カロリー:162kcal/1人前

所要時間:30分

 

<材料(4人前)>

 

・たけのこ  1本 

・れんこん 1節 

・里いも 300グラム

・にんじん 1本 

・干ししいたけ 4枚 

・こんにゃく  1枚 

・ごぼう 1本 

・絹さや 8枚 

・A:水 カップ4 

・A:割烹白だし 大さじ8 

・B:水 カップ2 

・B:割烹白だし 大さじ6 

・B:砂糖 大さじ2

 

<作り方>

 

1. たけのこは、くし形に切る。れんこんは花形に切って酢水(分量外)にさらす。里いもは六方むきにして下茹でする。にんじんは輪切りにしてから、梅型で抜く。

 

2. 干ししいたけは水で戻し、石づきを取っておく。戻し汁は後で使うので、捨てずにおく。こんにゃくは薄切りにした後手綱にして、下茹でする。ごぼうは斜めに切ってから水にさらし、アクを抜く。

 

3. 鍋にAを合わせて沸騰させたら、「1」のたけのこ・れんこん・里いも・にんじんを煮る。具材が柔らかくなったら、煮汁につけたまま冷まして具材に味を含ませる。

 

4. 別の鍋にBと「2」のしいたけの戻し汁(適量)を合わせて沸騰させ、「2」のしいたけ・こんにゃく・ごぼうを加えたら、汁気がなくなるまで煮詰める。

 

5. 絹さやを色よく塩茹でする。

 

6. 器に「3」と「4」を盛り合わせ、「5」の絹さやを添えて完成。

 

 

 

ここで取り上げたおせち料理以外にも、下記サイトでレシピをご紹介しています。

おせち作りに挑戦してみてはいかがでしょうか。

 

http://www.yamaki.co.jp/recipe/

 

 

4.日本の伝統を家族で楽しめるおせち料理

おせち料理は、食材一つ一つに願いを込めて作った華やかなごちそうであり、新年を祝う昔からの風習です。お祝いの席にふさわしく、煮物や焼き物、酢の物など多彩な料理を楽しめます。

 

おせち料理をたくさん作って重箱の中身を埋めるのはなかなか難しいかもしれませんが、まずは祝い肴だけなど、簡単な料理からチャレンジしてみると良いでしょう。

 

新しい年の始まりに、家族と日本の伝統を味わってみてはいかがでしょうか。

 

ページトップ